会長方針

2017~18年度 クラブテーマ 「つなごう 広げよう ロータリーの和」

清水輝明 曽根隆寛
会長 清水輝明 幹事 曽根隆寛

会長所信

 東京小金井ロータリークラブ第56代会長を務めさせていただくことになりました。


 ロータリークラブは、様々な年齢・職業のメンバーが集まって活動をしております。
入会をした時期・環境により、それぞれのイメージを持ち、日々の仕事共に奉仕活動・親睦活動を行っております。


Be the change. その先へ


 メンバーが楽しいと感じるクラブであれば、出席率も向上し、奉仕活動も充実していくと考えております。地元での奉仕活動、ポリオ撲滅の活動を主軸に置き、長い伝統を持つ当クラブの味を残しつつ、新しい流れを取り入れていくこととしました。


 一年間、精いっぱいの努力をしてまいります。皆様のご指導及びご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。



会長 清水輝明

本年度における重点項目を以下のようにしたいと考えます。

開かれたロータリー
◇ 全員参加型例会
◇ ロータリー活動の満足度向上
◇ 地域との連携の多様化と強化
全員参加型例会
◇ 例会出席者の発言の機会を増やす会長の時間を有効活用
◇ クラブ会員による卓話を通した職業奉仕活動の取り組み
◇ 親睦活動における全員参加企画の実施
ロータリー活動の満足度向上
◇ 会員の声を聞きフィードバックする
◇ 今後に続く意義のある50周年記念行事地域との連携の多様化と強化
地域との連携の多様化と強化
◇ 生徒・学生との連携による奉仕
◇ 地域奉仕団体との情報交換・連携
◇ 地域環境保全と職業奉仕理念の浸透